スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセラーと患者の間に起こる“逆転移”ってご存知ですか?

ドロボーb

投薬108日目。
今日は長い記事なることを
先に宣言しておきます。
飽きたら、そっとブログを閉じてやってください。



今日書くことは、書いていいことなのか
ずっと悩んでいたことです。
書いたことを後悔したら
削除するかもしれません。


でも、今の私をパニック障害以上に
悩ませている問題であり
ここに闘病記録を残していく以上
この問題に触れずにいては、今後
色々と話に矛盾が生じてくるかもしれないので
やっぱり、正直に書こうと決めました。


悩みというのは
タイトルでお察しいただけるかもしれませんが
私とカウンセラーさんの関係についてです。




カウンセラーさんは現在
生死がかかるような大病を患い
懸命に治療されています。


死ぬかもしれない・・・という
極限の状態のせいでしょうか?
カウンセラーさんが私に患者に対する感情以上の
感情を持ってしまいました。


心理学では“逆転移”と言われているそうです。


sinnrinnb.jpg

私はあくまで患者として
カウンセリングを望んでいたに過ぎないのに
1人の女性として、1人の男性を
必要としていると錯覚してしまっている様子です。


恋愛感情とまでは言えなくても
(というか、そうでないと思いたい)
必要とされていることに、生き甲斐を感じてる様です。


死ぬかもしれないと思った時
会社や家族は自分がいなくても周っていく。
そう思うと、虚しくてたまらず
1人の人間として必要とされたいと
思ったのだそうです。


そこに、都合良く私がいたのでしょう。


心理学のプロであるような人でも
死ぬときは正気でいられないのかもしれません。
私は、その不完全さを責めるつもりはありません。


だって、カウンセラーさんの言葉に救われたことは
事実ですから。


でも、彼のもろさを救えるほど
私の心に余裕はありません。


この事を知って以来、私からは一切連絡しないようにしました。


でもあちらからは度々
“心配だ”というメールが来るのですが
嫌でたまりません。
本心はもう、メール送らないで欲しい。
会いたくない。見たくない。
でも、私がそれを言って
彼の体調がますます悪化したら・・・。


私が彼の命を縮めた気がして、言えません。
感謝してる人の死までは望んでません。


このまま、自然と縁が薄れてくれたらと思ってます。


でも、これからの治療をどうするか?
もう、別のカウンセラーさんを探す気になれません。
心療内科の先生も、あくまで薬をくれる人という感じで
心を開けません。


自分1人で治療しなきゃ・・・と思ったのと
この件で疲れてしまい、
とにかく遠くに行きたい・・・と思ったのが
今回、電車で長旅をしてみようと思った理由です。


かざぐるま静止b

いきなり過ぎるかな・・・とは
思いますが、このような状況で
家の中でじっとしていては
ますます気が狂ってしまいそうになるのです。
(家族の目も気になるし)


無理だったら途中で帰るか
親戚の家に泊めてもらおう・・・と
気軽に構えていこうと思います。


以上でした(^-^;)
長々とすみません。


私、決して空気読める性格ではないのですが
無意識で“この人は自分にこうしてほしいと望んでる”
と悟ってしまい、そんな自分を演じてしまうところがあるのですよね


だから、子供の頃は先生ウケも良かったなあ。


とりわけ、そういった目上や年上の人の
感情を察してしまうことが得意なのか
実は、昔お世話になった医者にも
逆転移されたことがあります。


膠原病でお世話になってた先生なんだけど
当時は“逆転移”って言葉も知らず
混乱しました。


こんな良い子、なんとか自分が
救ってあげたい・・・みたいなことを
言われた気がします。
(なんたる勘違い)


やたら医者が過干渉になり
私の人生の選択に口出ししたり
思った通りの選択をしなかったら
キツい言葉をぶつけてきたり。


以前、うつ病になった時は
正直、それが半分原因だったと思います。


私の性格に問題があるんだと思います。
カウンセラーさんは、そんな私の性格も
理解してくれてると思ってたんだけど・・・。
難しいですね。


人の顔色ばかりうかがう
この性格を何とかしたいです。
演じても、本来の自分と捻じれが生じて
心が病んでくだけですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

br_decobanner_20120209053543.gif
結局、自分にとっての最良の治療法は、自分で見つけるしかないのかもしれません。


闘病に励む皆様、一緒に頑張りましょう。
スポンサーサイト

テーマ : カウンセリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

うーん・・・

厄介な問題ですね。
なんか他人事でないような・・・

昔の話ですが、私の場合逆の立場というか、そのカウンセラーさんみたいな感情に陥った経験があり・・・

この記事を読んで、あらためて、「あ~、彼女きっと気持ち悪かったろうな~」と、にが~い気持ちが甦ってきました。

人間関係って難しいですよね。

Re: うーん・・・

ひださん、コメントありがとうございます。

信頼してた人に裏切られたという気持ちと
そんなこと、考えては駄目だと思う気持ちと
これまでのことに感謝してる気持ちが
入り混じり、とても複雑な心境です。

でも、正直しんどいです。
異性に関しては、自分が抱いてるものと
明らかに重みの違う好意を持たれると
辛いですね・・・。

距離を置いて、正気に戻るのを
待つばかりです。
プロフィール

KAna KAno(かなかの)

Author:KAna KAno(かなかの)
埼玉在住・アラサー女性。

大卒後、憧れてた職業に就いたものの膠原病で体調崩す。
おまけに婚約破棄が重なって完全クラッシュ☆
睡眠障害⇒うつ病・心身症へ。

膠原病は軽度なので、問題にならなかったが
うつ病の療養に手こずる。
(今思えば、この頃から時々パニック発作が・・)


半年の療養後、短期バイト⇒週3のバイト⇒アパレルショップでの正社員登用前提のフルタイムバイトへ。(2010年2月)
そこでネットショップスタッフとなる。


しかし、予定時期を過ぎても社員になれず。
また、クレーム対応のストレスで再びうつ病症の症状が出始めたので
勤務日を週4に減らして本格的に転職活動開始。

とある外資系企業に営業事務として転職(2012年7月)
しかし、正社員雇用のはずが業務委託と言われる。

勤務開始からわずか3ヶ月でパニック障害発症☆⇒退職へ(2012年10月)

2013年、6月26日から8カ月ぶりにバイトで社会復帰。
週3回、一日4時間の清掃スタッフから再スタート。
現在は平日の午後から4時間程データ入力のバイトも
掛け持ちしてます。

1人旅できる程、電車も慣れてきたし
本格的な再就職を目指そうと、いろいろな求人に応募しつつ
今の自分で大丈夫なのか?という不安も隠せない
曖昧な日々を送ってます。


文章考えてる時間だけ、全てを忘れられます。
大切な時間です。末永くお付き合いお願いします。

更新履歴
★2013/04/08:ブログ村の第三のランキングを設置してみました。意味は分からないけど。
★ものすごく地味にタイトル変更してます。Humooor!?が Humor!?!?に変身です。理由はなんとなくです。
★10/24:地味に副題変更しました。
★10/23:プロフィールをより分かりやすいように 書き変えてみました
★9/29:サイドバーに(滅多に更新しないけど) ツイッター専用ボックスを設置しました。
★9/26:サイドバーに更新情報BOXと オススメリンクを追加しました
最新記事
カテゴリ
◆旅行に欲しいもの◆
最新コメント
たまにはツイッターも
★ブログ村★
月別アーカイブ
お薦めリンク
★Book Mark★
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。