スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセラーさんに明日にでも心療内科に行ってくださいと言われた。

先週の金曜日、カウンセラーさんにメールした


というのも、ここ2週間ほど
精神的にキツイものがあり、
カウンセリングを依頼する頻度が多くなっていたからだ。


月1回受ければよかったものが
週1回・・・週末か金曜日に受けなければならない状況。


そこで最近は、必ず金曜の仕事後にメールして
当日か週末にカウンセリングをする必要があるかを
連絡する事になっている。



だから、この日もメールした。

「んちゃ★
今週も無事働けました~。精神的にも落ち着いた気がします。
だから、今週はカウンセリングなくても大丈夫だよ。
ただ、通勤中に酸欠状態になったりすんのが困りものかな~。テヘペロ。」


という内容のメールをしたのだが
土曜日、カウンセラーさんから着信が。
電話に出れなかったのでメールで要件を聞いたら

「取り急ぎ、大事なお話があるからお電話ください」

という返信が。



なんだなんだと思いつつも昨日は電話しそびれて
今日、やっと電話した

「すみませ~ん。電話遅れまして」

カウンセラーさんは、いつも通り優しく迎えてくれる。
簡単な雑談をした後、いよいよ本題・・・と言われた。

「通勤中の症状、メールじゃ分かりにくかったから
 具体的にどんな感じか教えてくれるかな?」


そう言われても、その時の状況を思い出すのって結構難しい。
なので箇条書きみたいな超端的な言葉で説明する。



カウンセラーさんは、うん・うんと聞いた上で
こうおっしゃった。

「お話し頂いた事でだいぶ状況が分かりました。
でも、私の立場では症状の特定をすることはできません。
ただ、それでも、私の経験から言わせてもらうと
KAnaKAnoさんには、明日にでも病院に行って欲しい」



・ ・ ・ ・ ・(・-・)


・ ・ ・ ・ ・えっ!?(゜o゜;)



びょーいん?


それも、明日にでも?



いやいやいや無理無理無理
会社休めないもん、と断ると


「うん。でもね、骨折れたら病院行くでしょ?
会社休めないとか言ってる場合じゃないでしょ?」

「風邪ひいたら早めに直した方がいいでしょ?
こじらせて肺炎になる方が大変でしょ?」

「身体の不調には適切な投薬と診断、適切な療養が必要なの」


などと、こんこんと説教されてしまった



今までは、なにがあっても、カウンセラーさんから
これしなさい!!みたいな事言われなかったのに・・・。



でも、私も折れない。頑固だから



病院が本格的に嫌いで(訳を話すと長くなるので省略しますが)
薬も大嫌いで(手術用の麻酔刺されてもなかなか寝なかった過去あり)
万が一休みなさいって言われても
休めるような状況じゃない。


会社の人は病気とかに全く理解ないし
(すべては気合いだ―っていうド・体育会系)
休み知らずの父に“このコンジョなし”みたいな
白い目で見られるのも目に見えている。


だから、病院でどんな診断受けて薬渡されたとしても
私には何のメリットもないと力説した。


すると、カウンセラーさんにはこう言われた。

「精神的に弱いからこうなったとか、精神力で乗り越えられるとか
言う人はいるけど、そもそも精神なんてものは存在しない。
全ては神経と周りの環境によって起こる化学反応なんだ。」



「楽しい事が起こればそれが神経を刺激して快感を感じさせ、
ストレスが神経を刺激すれば、冷や汗や動悸が起こる。それだけのこと。
だから今の神経の反応を穏やかにするための処方をしてもらう事が必要。
更に、ストレスが通勤電車ではなく、職場そのものにあるのなら
化学反応を起こさない為にも退職を私は勧めたい。
でも、そこは君の考え方も関係してくるから、なんとも言えないけど・・・」



「病院が嫌い、薬が嫌いという人は沢山いるから医者もそれは分かってる。
その上で、どう対処していくべきかも病院は心得てるはずだよ。
私が今後、カウンセリングしていく上でも正確な状況を知っておきたいんだ」



要するに、鼻血が出たらティッシュで穴をふさぐでしょ?
垂れ流しにはしないでしょ?
とりあえず、保健室行っといで~。
ってことだろうか?
(例えがアホすぎ)


多少は納得したが、どうしても抵抗がある。
そこで、折衷案として明日病院に行くというのはなくなった。


でも、幾ら病院が嫌いとは言っても
必ず1度は診察を受ける事。


地元で心療内科をあらかじめ調べておいて
いつでも行ける体制にはしておく事。

壊れるまでの無理はしない事を約束した。



カウンセラーさんにそこまで言われるなんて
思ってもみなかったからビックリした。


這ってでも会社行く人なんて山ほどいるし。
って感覚がすでに麻痺してるんだろうか?


でも、とにかくカウンセラーさんを
悲しませる事だけはしないようにするつもりだ。


家族以上に私の事を色々と知ってくれてる人だし

「自分がついてたのに、また、昔の様に動けなくなってしまった
なんてことになったら・・・・」


なんて悲しそうな声で言われてしまったから。


もはや、親を泣かせちゃいけねえという心情だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
通院する事になったら、家族にも言った方がいいんだろうか?

br_decobanner_20120209053543.gif
嫌だなぁ~。心配かけるのか、煙たがられるのか分からないけど嫌だな~。


結構、今テンション高いつもりなんだけど、それさえもが不自然という事なんだろうか?
スポンサーサイト

テーマ : カウンセリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAna KAno(かなかの)

Author:KAna KAno(かなかの)
埼玉在住・アラサー女性。

大卒後、憧れてた職業に就いたものの膠原病で体調崩す。
おまけに婚約破棄が重なって完全クラッシュ☆
睡眠障害⇒うつ病・心身症へ。

膠原病は軽度なので、問題にならなかったが
うつ病の療養に手こずる。
(今思えば、この頃から時々パニック発作が・・)


半年の療養後、短期バイト⇒週3のバイト⇒アパレルショップでの正社員登用前提のフルタイムバイトへ。(2010年2月)
そこでネットショップスタッフとなる。


しかし、予定時期を過ぎても社員になれず。
また、クレーム対応のストレスで再びうつ病症の症状が出始めたので
勤務日を週4に減らして本格的に転職活動開始。

とある外資系企業に営業事務として転職(2012年7月)
しかし、正社員雇用のはずが業務委託と言われる。

勤務開始からわずか3ヶ月でパニック障害発症☆⇒退職へ(2012年10月)

2013年、6月26日から8カ月ぶりにバイトで社会復帰。
週3回、一日4時間の清掃スタッフから再スタート。
現在は平日の午後から4時間程データ入力のバイトも
掛け持ちしてます。

1人旅できる程、電車も慣れてきたし
本格的な再就職を目指そうと、いろいろな求人に応募しつつ
今の自分で大丈夫なのか?という不安も隠せない
曖昧な日々を送ってます。


文章考えてる時間だけ、全てを忘れられます。
大切な時間です。末永くお付き合いお願いします。

更新履歴
★2013/04/08:ブログ村の第三のランキングを設置してみました。意味は分からないけど。
★ものすごく地味にタイトル変更してます。Humooor!?が Humor!?!?に変身です。理由はなんとなくです。
★10/24:地味に副題変更しました。
★10/23:プロフィールをより分かりやすいように 書き変えてみました
★9/29:サイドバーに(滅多に更新しないけど) ツイッター専用ボックスを設置しました。
★9/26:サイドバーに更新情報BOXと オススメリンクを追加しました
最新記事
カテゴリ
◆旅行に欲しいもの◆
最新コメント
たまにはツイッターも
★ブログ村★
月別アーカイブ
お薦めリンク
★Book Mark★
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。