スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は壁を乗り越えることの連続なの?苦悩しかないの?

皆さんは
『りぼん』という少女漫画雑誌で連載してた

『こどものおもちゃ』

という漫画を知ってますか


こどものおもちゃ 全7巻セット (集英社文庫―コミック版)こどものおもちゃ 全7巻セット (集英社文庫―コミック版)
(2012/01/31)
小花 美穂

商品詳細を見る




私が子供の頃は、アニメ化もされて
結構人気がありました



昔、クラスメートからはよく

“(主人公の)紗南ちゃんに似てる"

とよく言われたものです。
明るくって、とぼけた性格がそっくりだとか。



ところが、この紗南ちゃん。
めっちゃ明るい反面
めっちゃ暗い面も持ってるんですよね
(Wikipediaでは根が繊細と書かれてた。うん。ナイス表現 )



コミック終盤では【人形病】という
顔の表情がなくなる心の病にかかってしまいました。



そんな紗南ちゃんが言った言葉が
今、私の心をグルグル回ってるんです。



正確には覚えてないんですが
こんなことを言ってました。



“この壁を乗り越えてもまた、次の壁が立ってるんだ"


ドミノみたいに沢山の壁が並ぶイラストと共に
書かれた言葉は、すごく印象的でした。



生きていく限り、働かなきゃいけない。


働く限り、苦悩はなくならない。


ひとつ乗り越えても、すぐにまた壁は立ってる。


でも生きてる限り、頑張らなきゃいけない。



そう思うと、なんだか疲れてしまって
この世には苦悩と絶望しか
存在しないんじゃないかと思えてくるんです。



まるで、この世の終わりみたいな嘆きだね、と
周りには言われてしまいました


suesko.jpg
※諏訪湖※



とはいえ、いつもこんな事
考えてる訳じゃない。




ただ時々、目の前が真っ暗になって
ズドーンと落ち込んでしまうだけ。




紗南ちゃんみたいに、明るさの反動で
極端にダークモードになっちゃうんだろう。




だから、きっと大丈夫。
今回もすぐに立ち直る




いつか、ちょうどいい塩梅の
心をゲットして、平穏な
普通なOL生活を手に入れるんだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
紗南ちゃんのセリフ、ちゃんと紹介したかったけど、コミックス何巻か忘れてしまいました

br_decobanner_20120209053543.gif
実際読んでみたら、全然セリフ違ってたらすみません


でも多分、主旨は合ってます
スポンサーサイト

テーマ : 壊れそうな心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も2年前、パニック障害になり、
昨年8月までパニック障害の専門医に
かかってました。

幸い、うつ病は併発しませんでしたが、
結構危ないときが何度かあって、
そのたび、つど、何とか切り抜けて
現在にいたります。

うつ病もパニック障害も共通の部分だと
思うんですけど、完璧主義的な性格は
発症しやすいので、できるだけ不完全な
自分を受け容れるようにするのも
ひとつだと思います。

また、うつ病の場合、無意識下で
極度に自分自身を責めているので、
自己肯定のアファメーションなど
繰り返すのも、効果的です。

うつ病は自分の感情を抑圧してるので、
泣ける映画、笑える映画などたくさん見て、
涙を流したり、笑ったりするとよいです。

そして、「希望」。
絶望に打ち勝つのは希望、なんですって。
前にこんなおとぎ話を聞いたことがあるんです。

悪魔が店じまいをするので、道具を
売りに出していた。

そこには「猜疑心」だの「名誉心」など、
さまざまなものが売られていたが、
ひときわ値段の高いものがあって、
それが「絶望」だったそうです。

なぜ、これだけこんなに高いのか、と、
客が悪魔に質問したところ、
「絶望のくさびさえ入れば、あとはマイナスの
ものがなんでも入っていく。だから、これは
なかなか手放せなくて、高いんだ」という答えが
返ってきたそうです。

ふつうでは、どう考えたって絶望だよ~……という
状況で、わずかながらでも希望を見出すことが
できれば、それは徳となって、うつ病の快復を
早めるのだと思います。
私はパニック障害の症状が重かったときも、
「パニック障害はパニック障害。私の人生は私の人生。
パニック障害になったから、自分の人生は不幸になったと
絶対にしない」と、決めて治療にあたりました。
実際、そんなきれいごとばかりではなくて、
つらさのあまり、泣いたりしたこともありましたが、
それでも、やはり、ささいなことにも幸福感を感じて
感謝する、というのは大きな効果があったと思います。


余計なことを多々、言ってしまったかもしれませんが、
もし何か少しでも参考になることがあれば幸いです。

Re: No title

ぽちこさん、コメントありがとうございます。

何気なく綴った心の声がきっかけで
こんなに素敵なお話が聞けるとは・・・・。
感謝の気持ちでいっぱいです。

確かにうつ病の人は自分を責めすぎる傾向があるかもしれません。
私自身もそうです。

それゆえ、自分で絶望を作ってしまうのだと思います。
はたから見たら、私なんて幸せな方だと、冷静な時には思えるのですが・・・。

今は、私自身が私にとっての悪魔となって
絶望を手放せずにいるのかもしれません。
なんて、これも自分を責めてるのかもしれませんが(^-^;)

不完全な自分を受け入れ、不完全な環境も受け入れ
その中から希望や楽しみが見つけられる
強さを身につけていきたいと思います。



プロフィール

KAna KAno(かなかの)

Author:KAna KAno(かなかの)
埼玉在住・アラサー女性。

大卒後、憧れてた職業に就いたものの膠原病で体調崩す。
おまけに婚約破棄が重なって完全クラッシュ☆
睡眠障害⇒うつ病・心身症へ。

膠原病は軽度なので、問題にならなかったが
うつ病の療養に手こずる。
(今思えば、この頃から時々パニック発作が・・)


半年の療養後、短期バイト⇒週3のバイト⇒アパレルショップでの正社員登用前提のフルタイムバイトへ。(2010年2月)
そこでネットショップスタッフとなる。


しかし、予定時期を過ぎても社員になれず。
また、クレーム対応のストレスで再びうつ病症の症状が出始めたので
勤務日を週4に減らして本格的に転職活動開始。

とある外資系企業に営業事務として転職(2012年7月)
しかし、正社員雇用のはずが業務委託と言われる。

勤務開始からわずか3ヶ月でパニック障害発症☆⇒退職へ(2012年10月)

2013年、6月26日から8カ月ぶりにバイトで社会復帰。
週3回、一日4時間の清掃スタッフから再スタート。
現在は平日の午後から4時間程データ入力のバイトも
掛け持ちしてます。

1人旅できる程、電車も慣れてきたし
本格的な再就職を目指そうと、いろいろな求人に応募しつつ
今の自分で大丈夫なのか?という不安も隠せない
曖昧な日々を送ってます。


文章考えてる時間だけ、全てを忘れられます。
大切な時間です。末永くお付き合いお願いします。

更新履歴
★2013/04/08:ブログ村の第三のランキングを設置してみました。意味は分からないけど。
★ものすごく地味にタイトル変更してます。Humooor!?が Humor!?!?に変身です。理由はなんとなくです。
★10/24:地味に副題変更しました。
★10/23:プロフィールをより分かりやすいように 書き変えてみました
★9/29:サイドバーに(滅多に更新しないけど) ツイッター専用ボックスを設置しました。
★9/26:サイドバーに更新情報BOXと オススメリンクを追加しました
最新記事
カテゴリ
◆旅行に欲しいもの◆
最新コメント
たまにはツイッターも
★ブログ村★
月別アーカイブ
お薦めリンク
★Book Mark★
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。