スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセラーと患者の間に起こる“逆転移”ってご存知ですか?

ドロボーb

投薬108日目。
今日は長い記事なることを
先に宣言しておきます。
飽きたら、そっとブログを閉じてやってください。



今日書くことは、書いていいことなのか
ずっと悩んでいたことです。
書いたことを後悔したら
削除するかもしれません。


でも、今の私をパニック障害以上に
悩ませている問題であり
ここに闘病記録を残していく以上
この問題に触れずにいては、今後
色々と話に矛盾が生じてくるかもしれないので
やっぱり、正直に書こうと決めました。


悩みというのは
タイトルでお察しいただけるかもしれませんが
私とカウンセラーさんの関係についてです。




カウンセラーさんは現在
生死がかかるような大病を患い
懸命に治療されています。


死ぬかもしれない・・・という
極限の状態のせいでしょうか?
カウンセラーさんが私に患者に対する感情以上の
感情を持ってしまいました。


心理学では“逆転移”と言われているそうです。


sinnrinnb.jpg

私はあくまで患者として
カウンセリングを望んでいたに過ぎないのに
1人の女性として、1人の男性を
必要としていると錯覚してしまっている様子です。


恋愛感情とまでは言えなくても
(というか、そうでないと思いたい)
必要とされていることに、生き甲斐を感じてる様です。


死ぬかもしれないと思った時
会社や家族は自分がいなくても周っていく。
そう思うと、虚しくてたまらず
1人の人間として必要とされたいと
思ったのだそうです。


そこに、都合良く私がいたのでしょう。


心理学のプロであるような人でも
死ぬときは正気でいられないのかもしれません。
私は、その不完全さを責めるつもりはありません。


だって、カウンセラーさんの言葉に救われたことは
事実ですから。


でも、彼のもろさを救えるほど
私の心に余裕はありません。


この事を知って以来、私からは一切連絡しないようにしました。


でもあちらからは度々
“心配だ”というメールが来るのですが
嫌でたまりません。
本心はもう、メール送らないで欲しい。
会いたくない。見たくない。
でも、私がそれを言って
彼の体調がますます悪化したら・・・。


私が彼の命を縮めた気がして、言えません。
感謝してる人の死までは望んでません。


このまま、自然と縁が薄れてくれたらと思ってます。


でも、これからの治療をどうするか?
もう、別のカウンセラーさんを探す気になれません。
心療内科の先生も、あくまで薬をくれる人という感じで
心を開けません。


自分1人で治療しなきゃ・・・と思ったのと
この件で疲れてしまい、
とにかく遠くに行きたい・・・と思ったのが
今回、電車で長旅をしてみようと思った理由です。


かざぐるま静止b

いきなり過ぎるかな・・・とは
思いますが、このような状況で
家の中でじっとしていては
ますます気が狂ってしまいそうになるのです。
(家族の目も気になるし)


無理だったら途中で帰るか
親戚の家に泊めてもらおう・・・と
気軽に構えていこうと思います。


以上でした(^-^;)
長々とすみません。


私、決して空気読める性格ではないのですが
無意識で“この人は自分にこうしてほしいと望んでる”
と悟ってしまい、そんな自分を演じてしまうところがあるのですよね


だから、子供の頃は先生ウケも良かったなあ。


とりわけ、そういった目上や年上の人の
感情を察してしまうことが得意なのか
実は、昔お世話になった医者にも
逆転移されたことがあります。


膠原病でお世話になってた先生なんだけど
当時は“逆転移”って言葉も知らず
混乱しました。


こんな良い子、なんとか自分が
救ってあげたい・・・みたいなことを
言われた気がします。
(なんたる勘違い)


やたら医者が過干渉になり
私の人生の選択に口出ししたり
思った通りの選択をしなかったら
キツい言葉をぶつけてきたり。


以前、うつ病になった時は
正直、それが半分原因だったと思います。


私の性格に問題があるんだと思います。
カウンセラーさんは、そんな私の性格も
理解してくれてると思ってたんだけど・・・。
難しいですね。


人の顔色ばかりうかがう
この性格を何とかしたいです。
演じても、本来の自分と捻じれが生じて
心が病んでくだけですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

br_decobanner_20120209053543.gif
結局、自分にとっての最良の治療法は、自分で見つけるしかないのかもしれません。


闘病に励む皆様、一緒に頑張りましょう。
スポンサーサイト

テーマ : カウンセリング
ジャンル : 心と身体

こんな自分でも、生きてた方がいい

投薬53–54日目。
昨日は父の会社(っていうか店?)の電話番を任され
久々の緊張感を味わってしまい
疲労感から、文章が思い浮かびませんでした。



電話が鳴らない間、ぼんやりと
カウンセラーさんの事を考えてました。



ご自身が大変な時なのに
私がこんな状態になってしまって
申し訳ないな・・・とか
無事、検査が終わるといいな・・・とか。



自分の周りの人で、生死がかかった状況の人なんて
祖父母しか経験したことない私には
結構な衝撃なのだ



こう言っては何だが
祖父母の場合は、老いてゆく姿に
寂しさを感じても、やはり
90年近く生きてくれたからこその覚悟が出来る。



でも、今回は違う。
血の縁で、生まれながらに決まっていたご縁でなく
自分自身が見つけ出したご縁の人。

両親よりも私の事を知ってくれている人。

そんな人が、まさか、こんな歳で
そんな状況になるなんて・・・・。



でも、カウンセラーさんは
私が幸せになってゆく様子を
見守っていけると思えば
仮に、寿命があと3年と言われても
5年くらいは生きていける気がする
と、笑いながらおっしゃってた。



尊敬する作家さんの言葉に、こんなものがある。

「“この人と出会えたから生きられた”
“あなたがいてくれてよかった”
そうやって、誰かの支えとなり
誰かをこの世につなぎとめる
存在に慣れることが、何よりも大切だ。」




私は初めて、そんな存在になったのかもしれない。



正直、パニック障害にかかって
ストレスを自覚しないまま
電車で意識失ったり
痙攣を起こした瞬間に
これまで、積み上げてきた価値観を
全て壊された気がして
私は、完全に生きる気力を失っていた。


今まで胸に秘めてた、夢や希望に
何の意味も見出せなくなっていた。
未来を迎えることに意味を見出せなくなって
生きててもしょうがないと思ってた。


いつ死んでも、別にいいとさえ思ってた。


それでも、こんな何一つ持たない私だけど
カウンセラーさんを前にして
死にたいなんて、ぜったい考えちゃ駄目だと思った。
こんな私でも、生きなきゃいけないと思った。


生き甲斐なんてないけど
見つけられる保証もないけど
生きなきゃいけないと思った。
こんな私でも存在するだけで役に立てるなら
生きなきゃいけないと思った。


明日、明後日と少しずつでいいから
出来ることを0から積み重ねていきたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今日も長文になってしまい、すみません。

br_decobanner_20120209053543.gif
最後まで読んで頂き


ありがとうございました。

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

カウンセラーさんが、大病を・・・。

yuhi.jpg

投薬52日目。
カウンセラーさんから突然
大事な話がしたいと
ドライブに誘われた。



カウンセラーと患者という関係性的にも
これは、異常事態だ。


最初は正直、突然の誘いを億劫に感じたが
有無を言わせない様子と
余りに焦った様子で誘われたので
受け入れることにした。


カウンセラーさんが
家の近くまで迎えに来てくれた。
私は車に乗り込む



行き先は、栃木の足利。
織姫神社とか市街地を
普通に観光した。




otohime.jpg




帰り道、カウンセラーさんが
いよいよ「大事な話」を切り出してきた。



細かい事はここに書けませんが
話をまとめると、大病を患ったらしい。
治療のため、産業カウンセラーの仕事を
2年近く休まなければならないと書けば
少しは病の重さも伝わるでしょうか?



時間は掛かれど、治療の見込みは明るく
副作用に悩まされる可能性も低いとのこと。



でも、これからも生きられる可能性と同時に
限られた時間しか生きられない可能性も
考えてしまうのが、正直なところ。



そして、カウンセラーさんが
「残りの時間どう生きたいか?」
考えた末、出した結論を伝えるために
今日は私との時間を作ってくれたそうです。




その結論とは・・・私の文章力では
なかなか上手く書けないので
誤解を生みそうですが、こんな感じです。



今後は産業カウンセラーではなく
個人のカウンセラーとしての自分に
重点を置きたいと思った。



でも、本当はそれ以上に
今の患者さんに対して
カウンセラーと患者として接するのではなく
一個人同士で、綺麗な景色眺めたり
美味しいご飯食べたり、そういった時間を過ごしたい。


その中で、今まで出来なかった話もして
関係性を深めていけたら・・・。


カウンセラーとしては、良くない事かもしれないけれど
患者さんと、楽しい思い出を
作れたら・・・と思ったらしいです。




勿論、嫌なら通常通りのカウンセリングを
行いますと明るくおっしゃってたけど。




私は、話を聞きながら泣いてしまいました。



幸い、マスクしてたし
カウンセラーさんは車の運転中で
私の顔見る余裕なかったから
バレてないと思うけど。


鼻すすったり、涙拭いたらバレるから
ひたすら涙、垂れ流して
「はい。はい」言いながら
うなずいていた。


そして、カウンセラーさんの
お願いを受け入れることにした。




余程の悪い症状が出ない限り
カウンセラーとして会わないことにした。



話す内容は、これまでと大きく変わることはなく
そこに、綺麗な景色と美味しいご飯が
付くだけ・・・と考えることにした。



カウンセラーさんは、明日からしばらく検査入院らしい。



退院したら、少し遅めの
クリスマスパーティをすることを
約束して、今日は別れた。


だけど


私は今でも、涙が止まらない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最近は色々あって頭ぐちゃぐちゃです。

br_decobanner_20120209053543.gif
カウンセラーさんが病気に勝てるよう


お祈りのクリック貰えたら嬉しいです。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

痛くても“痛くない”と感じさせるのが神経の恐ろしさ

2012.jpg
※地元を見守る二宮金次郎?氏※



投薬43日目ですが
今日は昨日のカウンセリングの続きを。




今回、相談した内容は下記の3つ。

1)投薬、辞めてもいいですか?
2)病院行く意味ありますか?或いは変えてもいいですか?
3)カウンセリングだけでよくないですか?



まず、1つ目の質問に関しては即行で「NO」でした。


投薬して、最低でも3カ月は経過を見守るべきとのこと。
パキシル・メイラックスと、ごく一般的な薬なので
結局、病院変えても同じ成分の違うものを処方されて
余計に事態がややこしくなるだけ。


薬で頭がぼーっとするのは副作用ではなく
むしろそうさせているのだそう。
感性が鈍ったり、体が動かないのは不快かもしれないが
それが薬が効いているということであり
病気が順調に治っているという
喜ぶべき状況なんだそうです



いきなりの断薬は絶対ダメ。
一時的にテンションあがったりして
治ったかのように思ってしまうかもしれないが
その後に反動で大きな落ち込みがやってくる
・・・・みたい。


必然的に質問・2の答えは
病院は行くべき。となった。
医者がよほど合わないとかでない限り、転院も勧めない。
余計な金と気力も使うから



3つ目の質問に関して
カウンセリングは勿論、希望があれば受け付けてもらえる。
でも、自分の性格のせいでパニック障害になったとか
そういう事を考え込むようなら、必要ない。


後々、自分の考え方の癖を客観的に
見つめていきましょう・・・・とのことでした。




今は、得とか損とか、誰かの為とか考えずに
純粋に何かを楽しんでみては?
と言うのが最後のアドバイスでした。



そういう経験が、今後の道を決めるのに
大きく役立つかもしれないよ?とのこと。


あと、神経っていうのは本当に侮れなくて
“痛い”と脳に伝えてくれるものも神経だけど
痛いものを“痛くない”と伝えてしまうものも神経。
そこが、神経の病気の恐ろしいところだ・・・・と
カウンセラーさんはおっしゃってました。


だから、決して無理をしない。焦らない。
医師の指導はきちんと聞く。
不安があれば、質問する。
それが~1番大事~だそうです。



同じような悩みを抱えている方に
少しでも参考になればと思い書いてみました。


焦るなって言われても、焦るけどね


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
よろしかったら、お好きなバナーから

br_decobanner_20120209053543.gif
ブログランキングの応援クリックお願いします。


しかし、良いカウンセラーさんに巡り合えてよかった

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

パニック障害後、初めて地元の駅へ行った。

1202.jpg
※地元を見守る悪そうなドラ○もん氏※

投薬41-42目。
昨日は更新できず、かたじけのうございました。



というのも、昨日の私、とても緊張してたんですよ。


なぜなら、今日
パニック障害になって以来
初めて地元の駅へ行くことにしたから。




何度も何度も行こうとしたけど
体に拒否られ、行けずにいた場所。


どうしても行ける自分になりたくて
カウンセラーさんと会う場所を
駅前に指定してしまったのでした。
(出た!!自分追い込みの術)


案の定、カウンセラーさんには
「大丈夫?行けるとこまででいいよ」
って言われたけど、ここは
女のど根性で乗り切る事に。


朝、5時。
緊張で目が覚める。
寝れそうもないので、温かいココアと
ニコニコ動画で気をまぎらわせる。



朝、9時
少しずつ身仕度を始める。
食欲沸かないので、ご飯は昼食も兼ねて、インスタント味噌汁とうまい棒のみ。



いつも思うが、マルコメの即席みそ汁・しじみ味は本当に美味だ

マルコメ株式会社 即席みそ汁しじみ8食 ×24個マルコメ株式会社 即席みそ汁しじみ8食 ×24個
()
マルコメ株式会社

商品詳細を見る



昼、13時。
ドキドキが止まらないので
テレビをつける
THE MANZAIの組み合わせ発表がやってたので
食い入るように見る
お陰で、だいぶ気が紛れた。



ちなみに私は磁石を応援しています。

磁石 漫才ライブ ワールドツアー2010 日本最終公演 [DVD]磁石 漫才ライブ ワールドツアー2010 日本最終公演 [DVD]
(2011/01/19)
磁石

商品詳細を見る

(調べたら、想像以上にDVD出しててびっくりした)


頑張れ
「NとSでビタッ!!」
(昔のネタで言ってた)


そして、14時。
いよいよ出陣。

通勤で使ってた道は極力避けることにした。
しかし、どうしても途中までは
道がカブってしまう。


しばらくは、緊張で
動悸と目眩がハンパなかった。
看板の字がぐにゃぐにゃする。
でも、歩けない程ではない。
口呼吸になりかけてたのを
ゆっくり、鼻呼吸に治しつつ、歩をすすめた



少しずつ、体調が安定してくる。




うん、行ける。大丈夫だ。



歩くこと、40分のごとし(?)
そして、遂に。



地元の駅に到着。


やった。やったぞ



1ヶ月半ぶりの駅。変わってないかと思いきや
ラーメン屋が花屋にかわってたり
床屋がリニューアルオープンしてたり
結構、地味に変わってる事に
時間の流れを改めて感じて複雑な気分になった。



それを振り切り、カウンセラーさんとの
待ち合わせ場所へ向かう。
なんとか間に合って良かった。


その後、色々お話したのですが
続きは、また明日ということで・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
という事で、今日も話が長くなりスミマセン。

br_decobanner_20120209053543.gif
一応、また目標ひとつ達成したという事で


「ぽっちゃりのクセによくやったじゃん」的な
ご褒美クリック頂けたら嬉しいです(ぽっちゃり関係ねぇ!!)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

KAna KAno(かなかの)

Author:KAna KAno(かなかの)
埼玉在住・アラサー女性。

大卒後、憧れてた職業に就いたものの膠原病で体調崩す。
おまけに婚約破棄が重なって完全クラッシュ☆
睡眠障害⇒うつ病・心身症へ。

膠原病は軽度なので、問題にならなかったが
うつ病の療養に手こずる。
(今思えば、この頃から時々パニック発作が・・)


半年の療養後、短期バイト⇒週3のバイト⇒アパレルショップでの正社員登用前提のフルタイムバイトへ。(2010年2月)
そこでネットショップスタッフとなる。


しかし、予定時期を過ぎても社員になれず。
また、クレーム対応のストレスで再びうつ病症の症状が出始めたので
勤務日を週4に減らして本格的に転職活動開始。

とある外資系企業に営業事務として転職(2012年7月)
しかし、正社員雇用のはずが業務委託と言われる。

勤務開始からわずか3ヶ月でパニック障害発症☆⇒退職へ(2012年10月)

2013年、6月26日から8カ月ぶりにバイトで社会復帰。
週3回、一日4時間の清掃スタッフから再スタート。
現在は平日の午後から4時間程データ入力のバイトも
掛け持ちしてます。

1人旅できる程、電車も慣れてきたし
本格的な再就職を目指そうと、いろいろな求人に応募しつつ
今の自分で大丈夫なのか?という不安も隠せない
曖昧な日々を送ってます。


文章考えてる時間だけ、全てを忘れられます。
大切な時間です。末永くお付き合いお願いします。

更新履歴
★2013/04/08:ブログ村の第三のランキングを設置してみました。意味は分からないけど。
★ものすごく地味にタイトル変更してます。Humooor!?が Humor!?!?に変身です。理由はなんとなくです。
★10/24:地味に副題変更しました。
★10/23:プロフィールをより分かりやすいように 書き変えてみました
★9/29:サイドバーに(滅多に更新しないけど) ツイッター専用ボックスを設置しました。
★9/26:サイドバーに更新情報BOXと オススメリンクを追加しました
最新記事
カテゴリ
◆旅行に欲しいもの◆
最新コメント
たまにはツイッターも
★ブログ村★
月別アーカイブ
お薦めリンク
★Book Mark★
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。